離散事象モデルの構築


  1. イントロダクション
  2. 離散事象モジュールについて
  3. 離散事象モジュールが組織化される方法
  4. 離散事象モジュールのイントロダクションがカバーすること
  5. 離散事象システムとプロセス
  6. 離散事象モデルを構築するブロック
    1. Itemライブラリ
    2. 第3者ライブラリ
    3. カスタムの離散事象ブロックを作成
  7. 用語と組み立て
    1. 離散事象モデルの概観
    2. 離散事象モデルのレイアウト
    3. Executiveブロック
    4. アイテムと情報を含む値
    5. アイテムの性質
    6. 属性
    7. 優先度
    8. 量(Quantities)
    9. イベント
    10. 活動(Activities)
    11. リソース
    12. コネクター
    13. 閉および開システム
    14. 閉システム
    15. 開システム
    16. アイテムを扱うブロックのタイプ
  8. 応用の領域
    1. 次のステップ