チュートリアル


  1. モデルの作成
  2. Reservoir(貯水地)モデルの作成ステップ
  3. 新規のモデルワークシートを開く
    1. シュミレーションパラメータを設定する
    2. モデルの構築
      1. 基本的なステップ
      2. ライブラリーに関して
      3. 該当するライブラリーを開く
      4. モデルにブロックを追加
      5. ブロックの接続
        1. コネクター
        2. コネクターの種類
        3. Lookup TableブロックからMathブロックのバリアブルコネクターへの接続
        4. Random Numberブロックから接続
        5. 残りのブロックを接続する。
      6. ブロックダイアローグ上の作業
        1. 雨による水源
        2. 水源の小川
        3. 水源の結合
        4. 貯水地の水
          1. 結果を表示する
          2. シュミレーションを走らせる
          3. ブロックを接続する追加的な方法
            1. 直線接続
            2. 複数のセグメントライン接続
            3. Named接続
            4. Lookup TableとPlotter間でNamed接続を作成する。
            5. Random NumberとPlotter間のNamed接続
        5. 複数の軸に対応したプロット
    3. Reservoir(貯水地)の最終モデル
    4. 追加的な強化
      1. 階層構造の導入
        1. 既存の複数のブロックから階層ブロック(hierarxhical block)を作成する。
        2. ExtendSim Navigator(ナビゲーター)
        3. Reservoir(貯水地)モデルを用いてナビゲートをする。
    5. クローニング
    6. 他の変更
    7. 次のステップ